顔のシミを消したい人必見!美白効果バツグンの食べ物一覧

「日焼け止めを毎日塗っているけどシミができる…」

「年々そばかすが増えていく…」

など、紫外線によるシミやそばかすにお悩みの方は、食べ物からケアすることがおすすめです。

美肌をキープするには、体の外側からのケアだけではなく、体の内側からケアすることもとても大切なのです。ここでは、シミに効果的な食べ物をご紹介します。シミやそばかすを撃退して美白肌になりたい方は、ぜひ参考にしてくださいね!

内側からのケアが大事な理由

美白と聞くと、日焼け止めを塗ったり、美白化粧品でのケアを一番に考えがちです。

ですが、食べ物によって内側からのケアを続けると、外側からのケアより早く美白肌に導いてくれるのです。毎日の食事にシミに効果的な食べ物を摂り入れ、白く輝く美肌を目指しましょう。

美白効果バツグンの食べ物とは?

それでは、シミをを撃退する美白効果バツグンの食べ物をご紹介していきます。

ぜひ、意識して摂り入れて、内側からシミやしわなどの肌老化を改善しましょう!食べ続けることで、シミのない若々しい美肌につながりますよ。

こんにゃく

こんにゃくには、豊富なセラミドが含まれています。

セラミドは、化粧品にも配合されている成分で、シミのもととなるメラニンの生成を抑えてくれる働きがあります。また、肌を紫外線のダメージや雑菌などの刺激から守る働きもあるのです。

さらに、保湿作用もあるので、乾燥肌でお悩みの方にもおすすめの食べ物です。

1日に必要なセラミドは、1,6~1,2mgとされています。この量は、生芋こんにゃくであれば100g程度で充分に補えるでしょう。

セラミドを含む食べ物は、こんにゃく以外にも大豆や黒豆、小豆、牛乳、ブロッコリー、小麦などがあります。

パプリカ

パプリカには、美白に効果的なビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCは、シミやそばかすを作るメラニンのもととなる「チロシナーゼ」の働きを阻害する働きがあるのです。

パプリカ以外の食べ物は、キウイフルーツやアセロラ、パセリ、ゴーヤ、柿、ゆずなどにビタミンCが含まれています。

ビタミンCは水に流れやすく熱に弱い性質があるため、野菜などは茹でない方が良いでしょう。また、ビタミンCは体にため込むことができないので、何回かに分けて摂取することがおすすめです。

また、ビタミンCを含む柑橘系は、摂取してから紫外線を浴びることで、色素沈着やシミを引き起こす恐れがあります。レモンやオレンジ、グレープフルーツなどは朝ではなく夜に食べるようにしましょう。

トマト

トマトには強い抗酸化力を持つリコピンが含まれています。

そのため、肌を錆びつかせる酸化減少を防ぎ、肌老化を予防してくれるのです。また、シミやしわの改善・予防をすることが科学的に証明されています。

1日に必要なリコピンの量は、15mg以上と言われています。これは、大きめのトマトなら2個、プチトマトであれば15~17個程度の量にあたります。

トマトのほかのリコピンを含む食べ物は、スイカやピンクグレープフルーツ、柿、ニンジンなどがあります。

ナッツ類

ナッツ類には肌のターンオーバーを促すビタミンEが豊富に含まれています。

そのため、色素沈着した細胞を排出しやすくし、シミの改善につながります。また、血行促進効果もあるため、肌の色つやを良くし、シミの無い肌に導いてくれます。

1日に必要なビタミンEの量は、女性は6,5mg、男性は7mgとなっています。ビタミンEは、欠乏症も過剰摂取も良くないため、バランスに気を付けましょう。

また、ナッツ類以外のビタミンEを豊富に含む食べ物は、かぼちゃやアボカド、うなぎ、いくら、ほうれん草などです。

マグロ

L-システインという成分は、肌の代謝を促し、シミのもととなるメラニンの生成を抑制し、角質に沈着したメラニンの排出をサポートする働きをしてくれます。

ですが、このL-システインは食べ物の中には存在しません。

必須脂肪酸のメチオニンを摂り入れることで、体内で合成されるのです。つまりは、メチオニンを含む食べ物を意識して摂り入れることが肌老化の防止につながるのです。

メチオニンの目安摂取量は、体重1kgあたりで15mgとなっています。つまり、40kgの方で600mg、50kgの方で750mgとなります。これを目安に、摂りすぎには十分気を付けましょう。

メチオニンは、マグロや鶏肉、チーズ、牛乳、納豆、しらす、豆腐、豚肉、牛肉などに含まれています。

ニンジン

ニンジンには、強い抗酸化力を持つβ-カロチンが含まれています。

β-カロチンには、メラニンの沈着を抑制したり、肌の炎症を抑える働きがあります。また、必要に応じて体内でビタミンAに変わる働きがあります。ビタミンAには、肌の新陳代謝を高める作用があるので、シミやしわの予防につながるのです。

ニンジンのほかにも、パセリやモロヘイヤ、かぼちゃ、ニラ、しそなどにβ-カロチンが含まれています。

いちご

いちごにはエラグ酸という成分が含まれています。

エラグ酸は、シミのもととなるメラニンの生成を抑える働きがあります。また、肌の酸化を防ぐ強い抗酸化力を持つ成分でもあるため、紫外線やストレスなどが原因の肌トラブルや肌老化を防いでくれるのです。

エラグ酸は過剰摂取しても問題がないとされています。また、エラグ酸は、ビタミンCと摂取することでより効果が高くなると言われています。

いちごのほかに、ブルーベリーやラズベリー、アサイー、ナッツ類、ザクロなどにエラグ酸が含まれています。

まとめ

いかがでしたか?

食べ物で、体の中から肌老化を防ぎましょう。

毎日摂取する食べ物で肌を美しく保つことができるのなら、積極的に摂り入れたいですよね!

ですが、1日の摂取量が決められている食べ物もあるので、そういった食べ物は過剰摂取に気を付けましょう。また、どれか1つの食べ物を食べすぎるのではなく、どれもバランス良く栄養を考えて摂り入れることが大切です。

食べ物で摂り入れることが難しい成分は、サプリメントで摂り入れることもおすすめですよ!効率よく摂り入れることが、肌老化を防ぐポイントです。

ぜひ、毎日の食事に上手く摂り入れ、若々しい美肌を手に入れてくださいね!

SNSでもご購読できます。